感情でものを買い理屈でそれを正当化する・・・

投稿日: タグ:, , , ,


%E5%86%99%E7%9C%9F-2

こんにちは、後藤伸正です。

今日は地元のイオンに来ています。目的は楽器屋に行くことだったのですが、個人的に好きな洋服屋さんを見ていると、店員さんからベネフットを連発されて秋もののシャツを2着も買ってしまいました。こんなつもりじゃなかったのに・・・みたいな感じです(笑)。

本来の目的である楽器屋へは18時から行くことになりました。実は今日の夜に知り合いのライブハウスでドラムセッションのイベントがあるんです。それに久しぶりに参加しようかな~と思ったのですが、しばらく叩いていなかったということもあり、個人的にドラムの練習をしようと思ったわけです。

なので、これから楽器屋の練習スタジオに1人で入って個人練習をしようと思ってます。その前にブログを更新しておこうと思ったら目の前にスタバがあったのでそのまま吸い込まれるようにしてスタバにやってきました。というか、実はスタバは人生で2回目か3回目なんですよね。

まだスタジオの時間までだいたい40分くらいあるので、スターバックスラテをショートサイズで注文し、イオンの中を歩くお客さんたちが良く見える1人がけの席に座ったところです。

たぶんこれから、今さっき自分が買った洋服について理屈で正当化しようといろんなことが頭をよぎるんじゃないかな~と思っています(笑)

最近シュガーマンの本を読んでいて、「感情でものを買い、理屈でそれを正当化する」という言葉が頭から離れなくなりました。

もちろん、セールスコピーを学び始めたころからこの言葉は知っていました。ダイレクト出版さんの『12週間セールスライティング通信講座』の中のセクションでも寺本さんが言っていましたので、この言葉自体は知っていたのですが、やっぱり実際に仕事として書いているとついついこういう根本的な部分を忘れがちになります。

小手先のテクニックみたいなものばかりを使いたくなりますからね^^;小見出しまでの流れが上手く書けたな~!とか、この言葉が上手く使えたな~!とか、そういうオナニーのようなテクニックを無理矢理使って書いてしまいがちなんですよね(笑)

まぁ、それが意味のないものかどうかは別として、本来はクライアントさんのレジを鳴らすことが目的ですから、僕たちセールスライターは見込み客にとって読みやすくて何度もうなずいてもらえるコピーを書くべきなんですよね。

だからこそ今回のシュガーマンの言葉は僕の心にグサッと刺さったんだと思います。くれぐれもテクニックに走り過ぎないように気をつけたいものですね。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGETOP