小野さんは元会社員じゃなかった説

投稿日: タグ:, , , , , , , , , , , ,


f9b211b10d364f1fcae8062a0e0f1994

 

こんにちは、後藤伸正です。

高松のタリーズから更新中、、、

 

 

 

小野さんに関するネタが

少しずつ増えているような気がしますが、

今日の話はある意味、

衝撃の事実になるんじゃないかなと思っています。

 

 

 

これは、こないだ高松で開催された

島田さんのランチ会で話した内容の一部。

 

 

 

 

小野さんと言えば、会社員時代に

ダン・ケネディの本

『世界一シビアな「社長力」養成講座』

を高い本だな〜と思いながら購入し、

 

その本に刺激を受けたことで、

当時の自分の部下に対して

 

「この時間ドロボーが!!!」

 

とブチ切れた日を皮切りに

ダイレクト出版に興味を持ちはじめ、

 

当時の商品名だと確か、

『12週間コピーライティング実践プログラム』

(だったかな?)を購入。

 

 

 

そこからセールスコピーの勉強を開始し、

会社のメールとかで実際に活用したことで

ちゃんと成果が出て、これはスゴい!と

興奮していたタイミングで、

 

ダイレクト出版から

『パートナー養成講座「アプレンティス」』

の案内が来て、

 

最初は土曜日の開催のみだったからと、

仕方ないと断念しかけたタイミングで、

 

今度は小野さんを狙ったように

日曜日開催の案内が来てしまい、

カードローンの枠を見ると

参加費ぴったりの金額だってことで、

コンビニからFAXしてアプレンティスに参加。

 

 

 

 

 

そのアプレンティスで1ヶ月に10本もの

セールスレターを提出したことで

寺本さんの時間をいつも独占していた

というのは、今では伝説的なエピソード。

 

 

 

アプレンティスに参加した

2013年の7月からもうすぐ4年。

 

 

 

今では様々なプロモーションに携わり、

自身のサービスも複数リリースしていて、

時間と場所の自由も実現している

セールスライター志望の人たちにとっては

ある意味お手本のような人物です。

 

 

 

なので、セールスライターを目指す人たちが

小野さんをモデリングしはじめるのも

ごくごく自然なことだと思います。

 

 

 

 

 

 

では、タイトルにもあるように

「小野さんは元会社員じゃなかった」

というのは、実は半分冗談で半分は事実です。

 

 

 

何が言いたいのかというと、

会社員時代の小野さんが

 

・どんなポジションで働いていたのか?

・実際にどんな仕事をしていたのか?

 

このあたりを知っておかないと

小野貴正という人物を本当の意味で

モデリングすることにはならないってことです。

 

 

 

小野さんのメルマガを読めばわかりますが、

年収400万円を1年で1,000万円超にするスキルの秘密

 

当時は会社の役員として働いていたそうですし、

事業を任されていたこともあると言っています。

 

 

 

社内では部下に対して指示出しをしたり、

代表の方とミーティングをすることもあったはず。

 

 

 

つまり、小野さんは会社員でありながら、

より経営者に近い「モノ」を背負っていた、

ということになります。

 

 

 

自分の責任でプロジェクトを進行し、

失敗してもすべて自分でケツを拭く。

 

 

 

この経験があるのとないのとでは、

実際に脱サラして起業した時に

どれだけ大きな差が生まれるのか、

想像すればすぐにわかると思います。

 

 

 

 

誰もが憧れる時間と場所の自由を求めて

セールスライターという職業を選択するのは自由ですが、

現実は思っているほど甘くないというか、

事業主として自分の行動は自分で責任を取る。

 

 

 

その覚悟と勇気がないのなら

最初から起業なんてしない方がマシです。

 

 

 

 

 

さて、あなたはどう思う?

 

 

 

 

ではまた!

 

 

 

 

 ー後藤伸正

 

 

 

 

PS:

 

今日のトップ画像は

小野さんのこちらの記事からお借りしました。

ミスターG、後藤伸正さんのビート・ザ・コントロール前編

 

 

 

 

 

 

 

 

  1. […] 「小野さんは元会社員じゃなかった説」 […]

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGETOP