「No!」と言えないオファーでクライアントを“グッと”引き込め

投稿日: タグ:


 

後藤です。

 

 

先日、ハモしゃぶを食べに行きまして。

 

 

ここ数日、自社のプロモーション準備で

頭がいっぱいだったのですが、

 

久しぶりに少しだけ

ゆっくり食事ができました^^;

 

 

とは言え、

無料オンライン講座の登録者数も

1000名に迫る勢いで、

 

説明会の方も徐々に

満席の会場も出てきそうな感じです。

 

 

自分が動画に出演して、

 

しかも東京から福岡でセミナーを

開催するなんて

なんだか不思議な気分ですが、

 

始めたからには最後まで

全力でブッ込んでいくので

引き続きよろしくお願いしますね。

 

 

さて、先週くらいのメルマガで

クライアントの見つけ方について

お話したと思うのですが、

 

今日はその続きを。

 

 

1つ目は、

自分のハウスリストを洗い出して

連絡を取ってみる。

 

 

という話だったと思います。

 

 

実際この方法で、

 

今回の無料オンライン講座の

実践者インタビューに

登場してくれている寺井くんは、

 

1週間で、複数のクライアントに

アポを取ることができました。

 

 

確か、そのうち何社かは

交渉中だったと思います。

 

 

スマホの電話帳はもちろん、

FacebookやLINEなど

SNSでの友だちや連絡先を

じっくり眺めてみて、

 

その中から、見込み客候補を

ピックアップしてオファーをかける。

 

 

これが1つ目の方法ですね。

 

 

で、今日は2つ目は

これもシンプルな方法ですが、

少し額に汗をかきます。

 

 

その方法は、

自分の見込み客が抱えている悩みを

100個くらい書き出すこと。

 

 

そして、その悩みに対する

解決策をこれまた、100個書き出す。

 

 

ちなみに解決策の100個はオファーか

キャッチコピーを書き出してください。

 

 

例えば、、、

 

コーチ、コンサル型ビジネスの人が

ターゲットの場合、

 

【悩み】

 ↓↓↓

==============

Facebookを毎日更新しているけど

問い合わせが月に3件しか入らない…

==============

 

 

【解決策・キャッチコピー】

 ↓↓↓

==============

Facebookを毎日更新しているけど

問い合わせが月に3件しか来ていない

コーチ、コンサルのあなたへ

 

Facebookに“週2回”投稿するだけで

問い合わせが毎月36件入り、

30万円が商品が7本売れる方法。

 

もし、1本も売れなければ

30万円プレゼントします。

==============

 

 

強めのオファーになりましたが

実績がない場合は

これくらいでも丁度いいと思います。

 

 

ただ、この時に大事なのは

本当にその悩みを抱えているか?

 

そして、

 

本当にその解決策が欲しいのか?

 

という部分になるのですが、

最初はテストしてみないことには

未知数な部分もあります。

 

 

なので、まずは100個書き出して

順番にテストしてみる方が早い。

 

 

というのが僕の考えです。

 

 

悩んでも仕方ないですからね。

 

 

構え、打て、狙え!

 

これを忘れずに。

 

ではまた。

 

 

 ー後藤伸正

 

PS:

ちなみに、クライアントを

最速で見つけるためのワークは

こちらの本講座で実施します。

 

「コピーライターとして食っていきたい」

 

「2019年こそは結果を出したい」

 

「コピーライターという職業を

 家族や友人に堂々と語れるようになりたい」

 

そんな意気込みのある方は

ぜひ説明会に来てみてくださいね。

 

個別相談会や懇親会もあるので

直接、会って話しましょう^^

↓ ↓ ↓

==============

『プロモーション型コピーライター養成講座

 第一期マスターコース』

1Dayセミナー&説明会&個別相談会

⇒ http://gotonobumasa.com/copywriter/setumeikai/individual.html

==============

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGETOP