見込み客は「暇」じゃない。

投稿日: タグ:


こんばんは、後藤伸正です。

 

 

高松のタリーズにいます。

 

 

「毎日メルマガを書きましょう」

 

「毎日ブログを書きましょう」

 

そう言われて

書き始める人は沢山いますが、

 

見事に3日坊主になる人が

9割以上ではないでしょうか。

 

 

少し空白の時期もありましたが、

僕が2014年から

 

ブログやメルマガを

書き続けてきて感じることは、

 

3ヶ月も続かない人が

ほとんどだということです。

 

 

実際、僕の周りに

メルマガやブログを1年以上

書き続けている人は

片手で数えるくらいしかいません。

 

 

続かない理由は

だいたい決まっていて、

 

 

「役立つ情報じゃないといけない」

 

と思い込んでいることです。

 

 

もちろん、せっかく

読んでくれている読者に対して、

 

どうでもいい内容よりは

役立つ内容の方が

いいに決まっています。

 

 

でも、ここで残酷な真実を

伝えなければいけません。

 

 

それは、

 

「読者はあなたに興味がない」

 

ということ。

 

 

「え、でもメルマガ登録してくれたんだから

 真剣に読んでくれているはずですよ!」

 

「いつもメルマガ楽しみに

 読んでるって言われますよ!」

 

「じゃあ何のために

 メルマガ登録してるんですか!?」

 

こんな声が聞こえてきそうですが、

残念ながらあなたが時間をかけて

真剣に書いたメッセージは、

 

「サーッ」と

素早いスクロール1回か2回くらいで

見流していることがほとんどです。

 

 

なぜなら、あなたのメルマガや

Facebookで投稿した記事を

 

真剣に一字一句

しっかり読み込むほど

見込み客は暇じゃないからです。

 

 

不謹慎かもしれませんが、

もし、今日あなたが

交通事故にあったとしても、

 

見込み客は

自分の鼻のてっぺんにできた

ニキビが気になって仕方がありません。

 

 

じゃあ情報発信は意味がないのか?

 

というと、もちろんそんな事はありません。

 

 

メリットは2つあります。

 

 

1つは、単純に忘れられないこと。

 

 

例えば、

 

「最後に外食したのは

 どこの何というお店ですか?」

 

そう聞かれて即答できる人は

ほとんどいないはずです。

 

 

なぜなら

今は情報が溢れ過ぎていて、

 

自分のお店の事なんて

すぐに忘れられてしまうからです。

 

 

ただ、ごく一部のお店だけが

毎月1回ダイレクトメールを

送っていたとしたら、

 

そのお店の事だけは

毎月1回だけでも

思い出すことになるはずです。

 

 

では、もしそのお店から

DMを受け取ったお客さんのうち

何%かの人が再来店するとしたら…

 

その毎月1回のDMは無駄なのか?

 

もちろん無駄ではありません。

 

 

そしてこれが2つ目のメリットです。

 

 

つまり、取引発生のチャンスが増えること。

 

 

メッセージを出し続けること、

接触し続けることにより、

 

お客さんから忘れられない存在となり

ボディブローのようにリピーターが

ジワジワと積み上がっていきます。

 

 

そしてこれは

メルマガやブログなどの

情報発信も全く同じで、

 

書き続けること、出し続けることで

「信頼」が生まれます。

 

 

そして、どこかのタイミングで

あなたのメッセージや

価値観に共感するかもしれません。

 

 

商品やサービスに

興味を持ってくれるように

なるかもしれません。

 

 

つまり、出し続けることにより

 

・あなたのメッセージと

・見込み客がリアルタイムで感じている悩み

 

これがガチッと噛み合う瞬間があり

そこから取引が発生するということ。

 

 

なので、

役立つコンテンツを意識しすぎて

3日坊主になるくらいなら、

 

日々の出来事や

自分自身が感じたことでもいいので、

 

「メッセージを出し続けること」

 

これが、これからの

「個人の時代」で勝ち抜くために

必要な事だと僕は思っています。

 

 

あなたはどう思う?

 

それでは、またメールします。

 

 

 ー後藤伸正

 

 

 

 

 

 

 

 

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGETOP