宝の山に手を突っ込もう!

投稿日: タグ:


こんばんは、後藤伸正です。

 

高松のタリーズにいます。

 

今日は夕方頃に

家から自転車で5分くらいのところにある

レストラン(喫茶店?)に行ってきました。

 

たぶんもう何十年もあるお店です。

 

カツサンドを注文して

食べてみたのですが、

これがめちゃくちゃ美味しい!

 

自転車で5分という距離にも関わらず

初めて行ったお店で、

 

しかもこんなに美味しいなら

もっと早く知りたかった…

 

でも知りませんでした。

 

何十年も前からあるお店にも関わらず・・・

 

つまりこういうことです。

 

“お客さんはあなたの存在を知らない”

 

こんな話をよく聞きます。

 

「地元のお客さんが来ない」

 

「みんな近いのに来てくれない」

 

「5年もやってるから知ってるはず」

 

あなたのお店やビジネスの存在を

お客さんが既に

 

“知っている前提”で話す人がいますが

これは大きな落とし穴です。

 

家から徒歩5分の距離にある

喫茶店の存在に全く気付かなかったり、

 

知っていたとしても

営業時間や定休日を知らなかったり、

 

お客さんはあなたの存在を

全く気にも止めていません。

 

でも“やっている側”は

「知っているはずだ」という

変な思い込みを持っています。

 

そして、

長く利用してくれるかもしれない

“宝の山”を見過ごしたまま、

 

「お客さんが来ない」

 

という不満を口にする。

 

これって勿体無いなと思います。

 

昨日も書いた通り、

お客さんはあなたを気にするほど

暇ではありません。

 

常にこっちを振り向かせるための

施策を打ち続ける必要があります。

 

では、具体的にどうすればいいのか?

 

簡単です。

 

・ポスティングチラシ

・ポスティング封筒

・折り込み広告

・既存顧客への紹介依頼

・各種WEB広告

・電柱広告

・FAXDM(企業向け)

 

などなど。

 

紹介依頼は経費ゼロだし、

チラシ関係もすぐに取り組めます。

 

僕が八百屋の頃は、

Wordwでチラシを作って

 

会社の複合機で印刷して

翌日の朝までに1000枚くらい

ポスティングをしていました。

 

電柱広告は注意されますけど、

逮捕はされないはずです。

 

目立つし、効果抜群です。

 

FAXDMはシーズンに合わせて

企業に流すと効果的で、

単価も大きくなるのでお勧めです。

 

店舗経営者はもちろん、

どんな業種でも使えるものはあるので、

ぜひ色々と試してみてください。

 

反応があると楽しいし、ハマります。

 

それでは、またメールしますね。

 

 ー後藤伸正

 

 

 

 

 

 

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGETOP