“ハッタリ型”クライアント獲得方法

投稿日: タグ:


おはようございます、後藤伸正です。

 

今日は朝から自転車を漕ぎました。

 

週一でジムに通っているのですが

どうしても出張が続くと

食べすぎてしまうことが多いので、

 

ジムに行く日以外でも

運動を日課にしたいなと思っています。

 

やっぱり健康な身体がなければ

仕事にも影響しますし、

それにもう30代後半ですから(笑)

 

ということで、

先日の続きを書いていこうと思います。

 

僕がゼロからクライアントを獲得して

継続依頼に繋げていった方法ですね。

 

クライアント獲得で

苦戦しているライター志望の人や、

 

継続依頼に繋がっていない

現役ライターの人にとっては、

 

すぐに実行できて

結果が出やすい方法だと思います。

 

先日の続きで、ランサーズや

クラウドワークスなど、

 

アウトソーシングサイトでの

クライアント獲得方法についてですね。

 

具体的には

7つのステップで成り立っています。

 

1.プロフィール写真を設定する

2.プロフィールをしっかり書く

3.まずは実績作りにフォーカス

4.クライアントに会いに行く

5.継続依頼のオファーをする

6.クロスセルをする

7.アップセルをする

 

前回は

プロフィール写真について書きました。

 

第一印象が

90%以上と言われていますし、

 

しかも一度与えた印象は

長期に渡って

影響を与えることになります。

 

なので、

 

“最初の数秒が勝負”

 

ということですね。

 

その数秒のために、

より好印象を与えるプロフィール写真を

設定しておきましょう。

 

そして今回は

プロフィールの書き方についてです。

 

ぶっちゃけ、ここに

エネルギーを注げていないライターさんが

全体の9割以上を占めています。

 

セールスライターとして

仕事をしていきたいにも関わらず、

 

自分自身を

マーケティングできていない…

 

セールスできていない…

 

そんな人ばかりです。

 

なので、最初はしっかりと

時間をかけてプロフィールの文章を

作り込むようにしてください。

 

とくに実績がないうちは

プロフィールしか

あなたを判断する材料がありません。

 

であれば、そこに

全力を注がない理由はない

ということです。

 

では、具体的に

どんなことを書けばいいのか?

 

これはまず、

セールスコピーの基礎中の基礎でもある

「誰に?」を決めておくことです。

 

ざっくりでもいいので、

まずはそこを決めてから

書き始めるようにしてください。

 

なぜなら、

 

“大勢に向けて発する言葉は

誰にも言っていないのと同じ”

 

だからです。

 

ちなみに僕の場合は、

 

プロモーターさんを

メインターゲットにして

プロフィールを書いていました。

 

なので、プロフィールの冒頭には、、、

 

==============

・動かしたい案件が沢山ある

・でもライターが足りていない

・長期で組めるパートナーが欲しい

 

これらに当てはまるなら

必ず最後までご覧ください。

 

なぜなら、、、

==============

 

といった感じで、

 

「案件は沢山あるけど回しきれていない」

 

こういう人に向けて書いていました。

 

そして、できる仕事として、、、

 

・企画、コンセプトメイキング

・動画シナリオ

・LP

・ステップメール

・セールスレター

・パワーポイント

 

など、プロモーターさんが

丸ごと任せても大丈夫そうなものを

箇条書きにしました。

 

ちなみに僕は

ハッタリで仕事を取ることが

多かった(というかほとんど)でしたが、

 

当時から上に書いたような仕事が

できる自信があったかというと、、、

 

全くありません。

 

むしろ全く未経験の仕事なので、

完全に口から出まかせです(笑)

 

でも、これって言葉のマジックで

 

「できる」と「やったことある」は全く別です。

 

「できる」という言葉は

“やる気”だけの問題なので、

 

ぶっちゃけ今日からでも

言えるんですよね(笑)

 

なので、プロフィールに記載する

「できる仕事」の項目には、

 

あなた自身が

「やってみたい仕事」を

正々堂々と書くようにしてください。

 

そうすることで、

 

「この人なら任せられそうだな」

 

と思ってもらいやすくなります。

 

そしてこれが最も重要で、

あなたが本当にその仕事が

できるかどうかは関係なくて、

 

それよりも、

「できそう」と思わせることができれば

はっきり言って勝ちです。

 

自信を持って堂々と

「もちろんできますよ」と言ってください。

 

まずはハッタリをかまして、

後からそこに追いついてください。

 

そして

本当に受注してしまったら最後…

 

あとは一生懸命がんばりましょう(笑)

 

ということで、

是非プロフィールをしっかりと

作り込んでみてください。

 

好きに書いたもん勝ちです。

 

それでは、またメールしますね。

 

 ー後藤伸正

 

PS:

 

次回は

 

「実績作りにフォーカスする」

 

というテーマでお届けします。

 

 

 

 

 

 

 

 

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGETOP