セールスレター1本“4,000円”

投稿日: タグ:


こんにちは、後藤伸正です。

 

新大阪から岡山行きの

新幹線に乗っています。

 

昨日は大阪のリッツカールトンに

宿泊してきまして、

 

久しぶりに最高のサービスを

受けてきました。

 

こういう経験は

自分自身のサービス提供の

ヒントになるのでオススメです。

 

僕はお金に余裕がない頃から

新しい経験には

積極的に投資をしてきました。

 

それで分かったことは、

 

やっぱり高額な商品を購入したり、

高額なサービスを体感するからこそ、

 

自分自身の高額な商品やサービスが

販売できるようになるということ。

 

要するに

 

“買う側の気持ち”

 

これがわかるんですよね。

 

なので、

高額な商品やサービスを

販売してみたい人は、

 

まず自分自身が

そのレベルのお金を一度でも

払ってみることをオススメします。

 

払ったことがある金額の商品は

意外と簡単に売れます。

 

さて、それでは、

今日も昨日に引き続き、

 

クライアント獲得方法について

書いていきますね。

 

1.プロフィール写真を設定する

2.プロフィールをしっかり書く

3.まずは実績作りにフォーカス

4.クライアントに会いに行く

5.継続依頼のオファーをする

6.クロスセルをする

7.アップセルをする

 

昨日は

プロフィールの書き方について

お伝えしました。

 

まずは「誰に」を明確にして、

その人に向けて書くこと。

 

そして、自分ができることではなく、

「やりたい事」をハッタリで書く。

 

といった内容でしたね。

 

そして今日は

 

【3.まずは実績作りにフォーカス】

 

これについてですね。

 

ご存知の通り、

クラウドワークスやランサーズといった

アウトソーシングサイトは、

 

基本的に

単価の安い仕事が多いです。

 

なので、セールスレター1本で

10万円とか15万円という報酬を夢見て、

 

セールスライターという仕事を

始めようとしている人にとっては、

 

そのギャップに、微妙な感覚を

抱いているかもしれません。

 

ただ、セールスレター1本で

10万円以上の報酬を受け取っている人は

現実に存在します。

 

では、そういった人たちが

最初から高額な報酬を

受け取っていたかというと、、、

 

実際はそんなことはありません。

 

最初は無料だったり、

低単価で仕事を受けていた…

 

ということがほとんどです。

 

なぜなら、駆け出しの段階では

無料でもいいから、

 

実績作りにフォーカスする

必要があるからです。

 

実際、僕も駆け出しの頃は

セールスレター1本を

4,000円とかで書いていました。

 

1ヶ月に7本くらい書いて

 

「これで食費と携帯代が払える」

 

みたいな感じですね。

 

文字単価0.2円くらいの

記事作成もやっていましたし、

 

5000文字の電子書籍を

1500円で書いたこともあります。

 

もちろん、

セールスコピーの仕事が少ない

というのもありましたが、

 

僕が一番大事にしていたのが、

やっぱり「実績作り」なんですよね。

 

ただ、ここでよく聞かれるのが、

 

「セールスコピーの実績じゃなくてもいいんですか?」

 

というものです。

 

これって凄く重要で、正直、

セールスコピーの仕事以外でも、

 

沢山の記事を書き続ければ

それも立派な実績になります。

 

実際、ボクも最初の頃は

セールスコピーの実績は

かなり少なかったです。

 

ただ、それでも

新規クライアントには、

 

自分が書いた電子書籍や

オウンドメディアの記事を

大量に実績として出していました。

 

なので、

 

「セールスコピーの実績じゃなくてもいいのか?」

 

この質問の答えとしては、

 

「セールスコピーの実績じゃなくてもOK」

 

ということです。

 

正直、

 

「ちゃんと仕事ができる人」

 

だと思ってもらうことができれば、

 

一定数のクライアントは

あなたに仕事を依頼してくれます。

 

それに、記事であれ何であれ

沢山の仕事をこなしているということは、

 

「最後まで責任を持って

 仕事をやり切ってくれる人」

 

そう思ってもらえるので、

特に駆け出しの時は、

 

“何でもいいから大量の仕事をこなす”

 

これが一番大事だと僕は思っています。

 

なので、まずは単価よりも

実績にフォーカス。

 

これを意識してみてください。

 

そして、チャンスがあれば

どんな実績でもいいので堂々と見せる。

 

これだけで、

あなたがクライアント獲得できる確率は

グンと上がります。

 

そして、無料でも低額でもいいので、

1回でも仕事をもらったクライアントには

会いに行くようにしてください。

 

これについては

また次回詳しくお伝えします。

 

それでは、またメールしますね。

 

 

 ー後藤伸正

 

 

 

 

 

 

 

 

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGETOP