セールスコピーライターの仕事の進め方

投稿日: タグ:


こんにちは、後藤伸正です。


今回は「メルマガのリード文の重要性」についてお話をしていきます。


「メルマガのリード文は何を書けばよいのだろうか…」
「メルマガを最後まで読んでもらうリード文の書き方が分からない…」


今回はこのような方に向けて、メルマガのリード文について解説していきます。


この記事を読むと以下のことが分かるようになります。

  • メルマガにおけるリード文の重要性
  • メルマガから読者を離脱させないリード文の書き方

まず僕の自己紹介を簡単に書きますね。

・セールスライター5年目
・日本や海外のでコピーライターとして活躍中
・家業の八百屋で借金4,700万円を背負う
・倒産、自己破産を経験
・現在は年商7,000万円

・プロモーション一式を担うライターの育成活動

それでは早速みていきましょう。

セールスコピーライターの仕事の進め方5つのステップ

今回は僕が実際プロモーションまで入り込んでプロジェクトに携わっていく場合の、クライアントとの実際の流れを紹介していきます。


もちろん立ち位置によってはこれから紹介する5つのステップのいずれかには該当しない場合もあります。


なので僕、後藤伸正の実際の「プロモーション型コピーライティング」の仕事の流れとして参考にしていただければ幸いです。


まず先に実際の仕事の進め方の5つのステップを紹介していきます。

  1. コンセプトを確認する
  2. 商品ラインナップを確認する
  3. KPIを設定する
  4. プロモーションの流れを決める
  5. チーム作りをする

では一つずつ解説していきます。

コンセプトを確認する

まずはヒアリングの中で今回販売する商品のコンセプトを聞いていきます。


「誰(どのような人)に」「どんな商品(サービス)を」提供して「どのような未来を見せていきたいのか」これらを明確にしていきましょう。


これがまず大枠となります。今回のプロジェクトでいう「企画内容」ですね。


この部分に関してはクライアントが大枠を組んでいると思うので、クライアントと方向性がズレないようにしっかりと共有していきましょう。

商品ラインナップを確認する

大枠を確認したら次に今回販売する商品の確認をしていきます。


「どのような商品があるのか」
「どのような価格帯で販売していくのか」


これらを確認していきましょう。


今回のプロジェクトのメインとなる大事な商品となるので、ここからどのようなプロモーションにしていくかを決めていきます。

KPIを設定する

KPIとは「Key Performance Indicator」の略で、日本語では「重要業績(経営)指標」と呼ばれています。


今回のプロモーションでどれくらいの数字を目標としていくのかを決めていきます。


これはコピーライターとして請負で入る場合だと、クライアント側で設定している場合も多いです。


「何件のメールアドレスを集めて、そのうち何人くらいに対面のセミナー(説明会)に来てもらい、そこから何%の人に商品(サービス)を購入してもらう」


といった目標数値を設定することです。こういったプロモーションや、大体のプロジェクトでは最初にこういったKPIを設定するのが基本です。


KPIを設定することで、プロジェクトの進捗状況から目標達成ができそうか厳しいのかの判断が可能となります。


もし厳しい場合は対策を講じたり目標値を再設定することもあり得るので、プロジェクトを成功させるためには重要な目安となります。

プロモーションの流れを決める

KPIを設定したら次はプロモーション全体の流れを決めていきます。


集客から販売までの流れを決めていくのですが

  • どのような広告媒体を使うのか
  • どのようにオプトイン、LPにアクセスを集めるのか
  • 動画を使うのか、ステップメールと絡めるのか、LINE@を使うのか

といった形で全体の流れを決めていきます。


まずはクライアントからの大まかな計画を聞き取り、そこに最近の事例などを共有しつつ一番良い流れを一緒に作っていくという形です。


その際バックエンド商品や、アップセル・ダウンセルと言ったものについても話し合っていきましょう。

チーム作りをする

これはクライアントと一緒にやることもありますが、基本的にはこちら側で行うことが多いです。


プロモーションの内容によって必要なスタッフを集めていきます。

  1. コピーライター
  2. デザイナー(コーディング込み)
  3. カメラマン
  4. 動画のアップやメール配信などのシステム面担当(クライアント側の場合も多い)

この辺りのメンバーを揃えたら稼働していくといった感じです。


仮にコピーライターとして参加するのであれば、これまでの流れはクライアント側で決めた後、コピーライティングのみ依頼されるという形ですね。

稼ぐためにはそこから突き抜けるべき

このようなプロモーションにチームの一員として参加し報酬として数万円をもらうよりも、プロモーション自体を手掛けていけるスキルがあれば一つの仕事で数十万円という金額を稼ぐことが可能です。


そのためにはコピーを書くことだけでなく、よりマーケティングに精通していないといけませんし、メルマガや動画といった様々な手法で売り上げを立てる術を持っていなければなりません。



単純にセールスコピーライターとして稼いでいる人もいれば、僕のようにクライアントのプロモーションをまるっと請け負う形でこなす人もいる世界です。


どちらが自分に合っているかは自分のやり方で決めるのが良いでしょう。


もしプロモーション全体を請け負って大きな仕事をしてみたいという方は、僕の無料講座をまずは見てみてください。


それでは、また次回のお話で。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGETOP