メルマガを毎日配信するメリットを解説します

投稿日: タグ:


こんにちは、後藤伸正です。


今回は「メルマガを毎日配信するメリット」についてお話していきます。


WEBでの集客に欠かせないメルマガですが、みなさんはこのメルマガをどれくらいのスパンで配信していますか?


「毎日配信派」
「不定期配信派」



と、人によって分かれるかと思いますが、僕はメルマガは「毎日配信」をおすすめしてます。


その理由はいくつかありますが、一番の理由は顧客に忘れられないということ。


その他にもメルマガを毎日配信するメリットがあるので紹介していきますね。

メルマガを毎日配信するメリット

メールマガジン、略してメルマガですが、あなたはこのメルマガをしっかりとビジネスに活かせているでしょうか。


そもそもメルマガ読者はなぜあなたのメルマガを購読しているのかを考えてみましょう。


・あなたという人間に興味があるから
・あなたの発信するコンテンツ(情報)に興味があるから



おおよそこのいずれかに当てはまるかと思います。


では、メルマガを発行する目的とはなにか


・購入促進の目的
・顧客を育成する目的



これらの目的でメルマガを発行している人がほとんどだと思います。


メルマガ購読者はいわば将来の顧客リストなので、配信するコンテンツから徐々に興味を持ってもらい、いずれは商品を購入してもらったりサービスに登録してもらうのが最終的なゴールとなりますね。


まずはメルマガを配信する目的と購読者の興味がどこに向いているかを再確認しましょう。


ではメルマガを毎日配信するメリットについて説明していきます。

顧客との関係を築ける

メルマガを毎日配信する一番のメリットは顧客との関係性を築けることです。


単純接触効果(ザイアンス効果)という言葉を知っていますか?


これはYou Tubeなどにも同じことが言えるのですが、その人との接触頻度が多いほど親しみが湧いてくるというものです。


You Tubeも毎日配信とかしていると知らぬ間にその人と毎日繋がりを持つため、「その人の動画を観る」のが日課となっていくのです。


逆に動画の配信がない日は「あれ?今日はどうしたのかな」と無意識にその人のことを考えてしまうでしょう。


これと同じことをメルマガでも実践するのです。


毎日コツコツとメルマガを配信することで、徐々に顧客の生活の一部になっていくことができれば、知らずしらずのうちに親近感が芽生えてきます。


もちろん常にゴリゴリの商品紹介メールでは顧客も引いてしまいますし、迷惑メールフォルダ行きか配信解除されてしまうので、あくまで人間味のある内容をメインに配信することが大事です。

顧客の情報収集源になる

元々名前が知られている人であれば、ある程度その人の魅力やブランディングに好意を持って購読してくれる人が多いと思います。


しかしあくまでもこれから自身をブランディングしながら顧客に認知してもらおうと考えているなら、配信内容には特に力を入れましょう。


質の高いコンテンツを配信し続けることで、購読者の「情報収集元」となることができます。


あなたの配信するメルマガが購読者の人生やビジネスの役に立つことができれば、熱心な読者になってくれますし、あなたの熱烈なファンになってくれます。


万が一配信を休んだら「今日は配信無いんですか?」と問い合わせがくるようになれれば、理想的ですね。

メルマガ自体の信用を上げることができる

メルマガを購読している人は、少なからずメルマガを毎日配信することの大変さは理解しています。


特に個人でメルマガを配信していれば、運営者は個人です。


その中で毎日空いた時間をメルマガ作成に割き、配信を続けていると、いずれその大変さを理解してくれるようになります。


そうなるといつか「このメルマガなら信頼できる」というようになっていきます。


ここから徐々に影響力がついてくるので、まずはコツコツ配信して少しずつ顧客との信頼感を作り上げるのが大事です。

毎日読むクセをつけてもらう

先程説明したように、メルマガを毎日配信することで購読者の「情報収集元」となることができます。


さらに重要なのはそれを「継続」することです。


そうするといつしか毎日読むという”クセ”がつきます。習慣付けです。


その際なるべく毎日「同じ時間」に配信するようにしましょう。


時間をルール化することによって「今日もそろそろ来る時間だな」と、購読者の生活ルーティンの一部にあなたの「メルマガを読む」という習慣を植え付けるのです。

メルマガを毎日配信する際の注意点

メルマガを毎日配信する時の注意点として以下の2つが挙げられます。


コンテンツの内容が薄っぺらくなる
配信解除される可能性が高まる



「おいおい、配信解除されたら元も子もないじゃないか」という声が聞こえてきそうですが、それについては後ほど解説していきます。

コンテンツの内容が薄っぺらくなる

このようになってしまうのには大きな理由があります。


それは「メルマガ配信の目的が、毎日配信することになってしまう」ということです。


そもそものメルマガ配信の目的は「最終的にコンバージョンを取る」ということなので、これが配信すること自体が目的になってしまうと当然そのコンテンツの質も落ちていきます。


「とりあえず配信しなきゃ」となってしまい、コンテンツは二の次、1日くらい内容が薄くなってしまっても仕方ないという考えでメルマガを配信していると、購読者にすぐ配信解除されてしまうでしょう。


それであればなにも無理に毎日配信する必要はありません。


それよりは3日に1回でも、質の高いコンテンツを配信するほうがよっぽど購読者は喜ぶでしょう。


メルマガを毎日配信する目的を見失わないように、気をつけて下さい。

配信解除される可能性が高まる

メルマガを解除される原因にはいくつかのパターンが存在します。


毎日届くのがウザい
内容が薄くて参考にならない
あまり送られてきても忙しくて読む時間がない



このような理由で購読者はあなたのメルマガを解除します。


では、メルマガの配信頻度と解除される率はどのような関係性があるのでしょうか。


・週一配信:0.07%
・毎日配信:0.2%
・1日3回配信:1.3%


引用:Affiliate Japan


1日3回は個人ではなかなか難しいので、恐らく大きな企業であったりだと思います。


毎日配信では確かに解除率も高くはなってきますが、これは先程お話したように「コンテンツの内容」が大きく関係しているものと思われます。


結局はメルマガの購読者が、あなたのコンテンツに価値を見出せなくなってしまった時が解除のタイミングです。


なのでコンテンツの質はもちろん、配信のタイミングも購読者のストレスにならない時間帯を選択する必要があります。

ではメルマガ配信のベストなタイミングとは

必ずしも毎日配信にこだわらなくても構いません。


人によってメルマガ執筆作業に割ける時間にも限りがあるので、可能な範囲で無理なく続けることが重要だからです。


ここではいくつかのパターンに分けてメルマガの配信頻度を考えてみます。

毎日配信

今回の記事では毎日配信がベストであると、僕なりの考えを述べています。


しかしまだメルマガ配信に慣れていない人や、時間がそこまで取れない人は無理に最初から毎日配信する必要はありません。


そこでコンテンツの質を落としてしまい、結果大事な顧客を減らしてしまうことに繋がってしまうからです。


質を落とさず、無理なく続けるのがベストです。

不定期に配信する

曜日も時間も不定期に配信するのはあまりおすすめしません。


毎日配信はキツイけど、週に何回かは配信したいと思うのであればせめて3日に1回とか、毎週何曜日と何曜日に配信といった最低限の規則性は作ったほうが良いでしょう。


そうしないと、購読者に読まれずに終わる可能性が高いからです。


いつ届くか分からないメルマガは、購読者の生活に入り込めないのでなかなか習慣化しづらいかなと思います。

週1回のみ配信

1週間に1回であれば、多すぎず少なすぎず配信することが可能です。


その際は必ず「曜日」と「時間」を固定することが大事です。


そして毎回ある程度質の高いコンテンツを配信することを心がけましょう。


毎日配信よりも購読者との接触頻度は低くなりますが、仕事で忙しいサラリーマンの週末の休暇を狙っての配信などターゲットによって配信のタイミングを適切なものに設定すれば、いずれ信頼関係を作り上げることが可能です。

メルマガの内容は配信頻度に関係あるのか

メルマガの内容によってもベストな配信頻度は変わってきます。


・販売促進目的
・顧客育成目的



それぞれメルマガの内容が異なるため、メルマガの目的に合った配信頻度を選択することが重要です。

販売促進が目的のメルマガ

販売促進が目的のメルマガであれば、特に新商品や新しいサービスの更新がなければ配信頻度はそれほど高い必要はありません。


逆に、毎回そのような新商品の告知や商品の紹介といった内容のメルマガばかりではセールス色が強くなりすぎてしまい解除されてしまいます。


多くても週に1回〜2回がベストです。


決して同じような内容で「配信することが」目的にならないようにして下さい。


開封率も解除率も高くなってしまいますので。

顧客育成が目的のメルマガ

顧客の育成が目的のメルマガは、顧客とのコミュニケーションを取ることが狙いです。


そのため、なるべく接点を増やしていくのがポイントとなります。


例えば自社のサービスに対して顧客から何らかのアクションがあった場合には、そこからスケジュールを組んでいきます。


挨拶→②自社サービスの紹介→③コミュニケーションを取る→④目標達成


このような流れで顧客を教育していきましょう。

メルマガを有効に使いましょう

メルマガは集客に適したツールです。


それと同時にメルマガを上手く活用することで、重要な顧客リストにもなります。


顧客を育成し、信頼関係を築くことができれば喜んで自社の商品・サービスを申し込んでくれるでしょう。


数も大事ですが「質の高いファン」を増やすことが大事です。


そのためには日々良質なコンテンツ、魅力ある人間性を配信していくことが欠かせません。


現在メルマガを上手く活用できていないとお悩みの方は、この機会にもう一度メルマガの目的を見直して、自身のビジネスに大いに役立てて下さい。


それではまた次回のお話で。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGETOP