ビジネスで稼ぐためにはマインドをまず持ちましょう

投稿日: タグ:


こんにちは、後藤伸正です。


今回は「メルマガのリード文の重要性」についてお話をしていきます。


「メルマガのリード文は何を書けばよいのだろうか…」
「メルマガを最後まで読んでもらうリード文の書き方が分からない…」


今回はこのような方に向けて、メルマガのリード文について解説していきます。


この記事を読むと以下のことが分かるようになります。

  • メルマガにおけるリード文の重要性
  • メルマガから読者を離脱させないリード文の書き方

まず僕の自己紹介を簡単に書きますね。

・セールスライター5年目
・日本や海外のでコピーライターとして活躍中
・家業の八百屋で借金4,700万円を背負う
・倒産、自己破産を経験
・現在は年商7,000万円

・プロモーション一式を担うライターの育成活動

それでは早速みていきましょう。

なぜビジネスで稼ぐためにマインドが大事なのか

ビジネスの規模に関係なく「マインド」を持つことは稼ぐうえでとても重要となります。


「マインド」という言葉を直訳すると「心・精神」といった意味になりますが、これがビジネスの世界では「考え方・姿勢」といた意味合いで使われることが多いです。


結論から言うと、ビジネスにおいてこのマインドを持たない人は「稼げません」


ではビジネスでのマインドとは一体どういうもので、マインドを持つことによって何が得られるのかを解説していきます。

マインドとはなにか

ビジネスにおいてマインドとは「考え方・姿勢」と先程述べましたが、これはいわゆる「行動指針」「理念」といったものにあたります。


どうしても「マインド」という言葉を使うと、なにか宗教的だったりマルチの勧誘のように聞こえてしまう人もいるかと思いますが、これは間違いです。


むしろビジネスにおいてこのマインドがないと、ビジネス自体が不明瞭だったりそれを進める人の行動の根幹となる部分が抜けてしまい、ビジネスが成り立たなくなります。

考えてみてください、仮にあなたが会社員で自分が就職した会社が何の理念も持たずに事業を行っていたら
「この会社は何を目的にこの事業を行っているんだろう」と不安に思いますよね?

こういった「理念」や「経営方針」はそこの企業も当然掲げていると思うので、それは個人でも等しく持っておくべきものとなります。

マインドを持たない場合どうなるか

事業を行うものとしてこれらの「指針」は重要となってきます。


たとえ個人で事業を行っていたとしても、自身のビジネスにおいてなにか壁にぶつかった時や、大きな問題を抱えた際にこの指針がないと前に進めなくなってしまいます。


しかしこういった指針や理念があるとそれに基づいて最適解を導き出すことが可能となるので、なにか問題に直面した時も解決することができるでしょう。


「木」に例えるとマインドは「幹」の部分にあたり、重要な土台の部分を担うのです。


土台がしっかりとしていなければ、新しいアイデアも増えないし、新しい事業を拡げていくこともできないですよね?


幹の部分がボロボロでは、新しい枝も、新しい葉も増えていかないのです。ましてやそこに花は咲かないでしょう。

なぜビジネスの話ではマインドが大事だと言われるのか

特に今の時代はネットでビジネスを展開している人がとても増えています。


そのようなネットビジネスの情報を調べていると、必ずと言っていいほど出てくるのがこの「マインド」という言葉。


ではなぜそれほどまでにマインドが重要視されているのか、これについて少し解説していきます。

行動に移していない人が多いから

実際に自分の力で稼ぐとなったら、それなりのスキルや知識が必要となります。


始めは実際に稼いでいる人の成功事例を目を輝かせながらチェックし、自分も同じように稼ぎたい!と期待に胸を膨らませるものです。


そうなるとネットで色々な情報を探したり、その人のメルマガやYou Tubeをみて色々とノウハウを蓄積させていきます。


しかし実は大半の人がこの時点で「満足」してしまい、実際に行動に移して稼げるようになる人はほとんどいません。


ひたすらインプットに勤しみ、肝心の「稼ぐ」という行動に繋げられないという人が多いため、マインドというものが必要になるのです。

継続できる人が少ないから

いざ行動に移せたとしても、大半の人は成果がなかなか出ず、道半ばで諦めてしまいます。


こういった人は、単純に思考停止で動いているから「何を」「どれくらい」やればいいかを理解していないのです。


成功している人は必ずそこまでに何かしらの「プロセス」や「学び」を得ています。


それに気付けるか気付けないかの差で、結果は大きく変わってくるのです。


継続できない人は何を指針に動けばいいか分からないので、こういったマインドが必要だとされているのです。


それによってマインドがその人の行動指針になるため、そういった人達が継続できるという効果が望めるでしょう。

マインドには大きく分けて3種類の要素が存在する

さて、マインドとは何かについてお話してきましたがこちらは少し実践的な内容となります。


マインドには大きく分けて3種類あり、それぞれ場面によって意識する項目を分けたほうがより自身のマインドを明確化しやすいです。

  • 行動に対してのマインド
  • 時間に対してのマインド
  • 投資に対してのマインド

それぞれ詳しく解説していきます。

行動に対してのマインド

今現在自分がやっていること、それは果たして稼ぐうえで正しい方法なのか。


極端にいうとそういったことです。


誰しもが最初からバリバリ稼ぐことはできません。しかし少しずつトライ&エラーを繰り返すことでその手法が分かってきます。


これに気付けないのであれば一度自身のやり方を見直す必要があります。


実際に成功している人に話を聞いたり、自分のやり方が果たして正しいのか確認することが大事です。


これを怠ると、いつまでも間違った方法・間違った作業量で仕事をしてしまい、結果稼げないという形になってしまいます。


ここでもう一点重要なのが「行動に移すまでの早さ」です。


成功している人は「すぐに行動する」という特徴があります。逆に行動するのに時間がかかる人は、折角のチャンスを逃してしまうかもしれません。


仮に見切り発進しても、走っていきながら都度軌道修正をしていけば良いので、とにかくタイミングを逃さないことが大事です。


試行錯誤の中で成功に向かって走っていくことができるのです。

時間に対してのマインド

時間に対しての持つべきマインドはビジネスにおいて重要です。


1日は誰でも等しく「24時間」です。つまり、この限られた時間を有効活用して収益を生み出す仕組みを考える必要があります。


例えば作業時間を短縮するツールであったり、作業の一部を外注したりといった方法で自身が使える時間をより確保することが大事です。


さらに目線をおとして、サラリーマンの副業にしても大体の人は「時間がない」と言い訳をしがちですが、それでも成果を出している人はいます。


何が違うかと言ったら、それは「本人のやる気」です。時間がないのはいいわけで、時間を作る努力をしていない人が大半です。


「朝一時間早起きをする」「昼休みの時間を有効的に使う」「仕事を早く終わらせ副業の時間に当てる」など、できることはたくさんあると思います。


副業とはいえ、本気でビジネスとして稼ぎたいのであればそれくらいの努力はするべきです。

投資に対してのマインド

作業効率化のためのツールに投資する、よりスペックの高いパソコンを購入するといった、ビジネスに対しての投資は惜しまないほうが良いです。


結果それにより高い収益性を実現できるのであれば、今投資をした文はいずれ回収することが可能です。


そこをいつまでも出し惜しみしているようであれば、そこからの成長は難しいか時間がかかるでしょう。


作業環境の改善、ビジネス情報の収集についても仲間を増やす目的であったり良い高い質の情報を得られるのであれば投資すべきだと思います。


大事なのは、目の前の出費を渋ることではなくそれによって何が得られ、どれだけ自己の成長につながるのかを考えることです。


ビジネスにおいての自己投資は、より自分を成長させるチャンスだと思ってどんどん活かしていきましょう。

ビジネスにおいてマインドを持つことは必須

と、いうことで今回はビジネスにおける「マインド」の重要性について解説してきました。


マインドの重要性が少しは分かっていただけたでしょうか。


決して胡散臭いものではなく、れっきとしたビジネスの方向性という意味では、それによって将来あなたは救われるかもしれません。


まずこれからなにかビジネスを始めるいうのであれば、さきに自分自身の行動指針として、マインドをしっかりと持って取り組むようにしましょう。


ではまた、次回のお話で。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGETOP