【人生を楽しむ3つのコツ】1,000万円セールスライターの働き方

投稿日: タグ:


こんにちは、後藤伸正です。


僕は以前このような動画を投稿しました。

こんにちは、後藤伸正です。


過去に僕はこのような動画を投稿しました。


今回は「15分で1000文字のメルマガを書く方法」についてお話をしていきます。


それに加えて、メルマガを継続して配信するための2つの「コツ」についても少しお話していきますね。


「メルマガを既にやっているけど、もう少し早く書けるようになりたい…」
「メルマガはまだやっていないけど、毎日書くとか大変そう…」


今回はこのような方に向けて書いていきます。


この記事を読むと以下のことが分かるようになります。

  • メルマガの執筆時間を大幅に減らす方法
  • メルマガを書く際、継続して配信できる2つの「コツ」

まず僕の自己紹介を簡単に書きますね。

・セールスライター5年目
・日本や海外のでコピーライターとして活躍中
・家業の八百屋で借金4,700万円を背負う
・倒産、自己破産を経験
・現在は年商7,000万円

・プロモーション一式を担うライターの育成活動

それでは早速みていきましょう。

年収1,000万セールスライターの人生を楽しむ3つのコツ

セールスライターに関わらず、全てのフリーランスに言えることだと思います。


せっかくフリーランスとして自由に働ける環境があるので、その利点を活かして、もっと人生を楽しみましょう。


逆にフリーランスである利点を活かすも殺すもあなた次第なので、人によっては現在損をしてしまっている人もいるかもしれません。


そのような人にお話していきます、人生を楽しむコツは以下の3つです。


・仕事よりもプライベートを優先させる
・常にしんどい方法を選択する
・ネガティブな出来事を楽しむ



この3つです。それでは順番に解説していきます。

仕事よりもプライベートを優先させる

おいおい、それでいいのかよ…」と思ったそこのあなた、それでいいんです。


結局仕事のモチベーションってプライベートからくるものがほとんどであることが多いです。


例えば家族や彼女から連絡があってランチに誘われたら、行きたいですよね?


しかし仕事がいっぱいだと、せっかくのお誘いを断らなければなりません。


そうなるとお誘いを断ってしまったことと、ランチに行けなかったことの2つのストレスが一気に押し寄せてきます。


毎回これでは、人生が楽しいとは思えませんよね?


だったらそういったプライベートのお誘いには全て行くべきです。


ではどうすればよいかと言うと「仕事の時間を削ってしまう」実に簡単なことです。


しかしただ仕事の時間を削るだけではサボりになってしまうので、ここで一つコツがあります。


自分がやるべき仕事だけをやる」ということです。説明します。


元々僕自身、仕事よりもプライベートを優先したいと思っていた人間なのでどうすれば仕事の時間を減らしてプライベートの時間を増やせるかを考えていました。


1日8時間ずっと仕事のことを考えていると当然プライベートに割く時間は減ります。なので、今自分がやっている仕事を見直して「自分がやらなくて良い仕事は他の人に任せる」ことにしました。

仕事は外注化する

自分でなくても出来る仕事は「外注」しましょう。


自分より下のスタッフに任せても良いですし、外注パートナーに投げてしまっても構いません。


そうすることで以下のようなメリットがあります。


・自分がやるべき仕事を見極められる
・仕事にかける時間を大幅に削減できる
・新規クライアントへの営業といった別のタスクに注力できる


常に自分のスケジュールに余白を作っておくのはおすすめです。


思わぬ案件が飛び込んできた時でも二つ返事でOKを出せますし、それによって収入を上げることもできます。


しかしスケジュールの余裕がないとそのようなビジネスチャンスも失ってしまいます。


結果プライベートでも仕事でも損をしてしまうということに繋がりますね。


自分がプライベートを楽しんでこそ、仕事でもパフォーマンスを発揮できるということになります。


時間を効率良く使う」ビジネスマンに取っては必須のスキルでもありますね。

常にしんどい方法を選択する

あなたは以下のような状況で、どのような選択をしますか?


長年付き合いのあるクライアントからの継続依頼をこなす
・広告費用などのリスクはあるが自分のやりたいプロモーションをする



僕は今までこのような状況の時は常にしんどい方法を選択してきました。


「人生を楽しむ方法なのになぜあえてしんどい方を選択するの?」という声が聞こえてきそうですが、これに対しての答えはこうです


成長した先にさらに楽しい人生が待っているから、です。


当然広告費が300万円とかかかるようなプロジェクトは、売れなければ売り上げは0円、300万円の赤字になります。リスクはでかいかもしれないです。


しかしこれが自分のやりたかったプロモーションであったり、これは自分がやらなければいけないのではないか、自分にしかできないのではないか、と思うのであれば迷わずやるべきです。


潜在意識」と「顕在意識」という言葉がありますが


「あ、これは自分がやりたかった仕事だ」これは潜在意識です。しかしこれとは反対に「でもリスクがあるし、どうしよう」これは顕在意識です。


僕はこのような時は「潜在意識」に従うようにしています。


結局なにかにチャレンジしないと、その次のステップに自分にはいつまでたっても進めないので、少しでも「やりたい」と思ったら例え顕在意識が言い訳をしてきてもそれを押しやってやるべきだと思っています。

潜在意識に従う

頭の中で潜在意識と顕在意識が戦っている場合、潜在意識に従うことをおすすめします。


その際の成長が、結果としては自分の成長に繋がりお金にも経験にもなるので、より人生を自由にコントロールできるようになります。


なにも時間的、金銭的に自由になることばかりが楽しい人生ではありません。


自分のやりたい仕事をたくさんやる、これも人生を楽しんでいることになります。


チャレンジした人にしか見れない世界」をぜひ、あなたも見てみて下さい。

ネガティブな経験もネタにしてしまう

僕は過去に家業の八百屋事業で4,700万円の借金を背負ったあげく、会社は倒産し自己破産をしました。


当時は辛いこともたくさんありましたが、僕はこの経験を色々な場面で人に話しています。いわゆる「ネタとして」今では僕の武器としてこの経験をビジネスに活かしています。


大抵の人は借金・自己破産と聞くと負い目や人生の汚点と捉えがちですが、僕はこの経験を隠そうとしたりしたことはありません。


むしろ自分と同じような経験をした人に何か伝えられることはないか、何かアドバイスが出来るのではないかと常に思っています。


僕は苦労していた時このように行動しましたと、当時の経験から学んだことをビジネスに活かすことで信頼を獲得できるのです。


ネガティブな経験もポジティブに変えてしまいましょう」こういうことです。


これは日常生活にも言えることですが、例えば出かけようと家を出たら雨が振っていたとします。ちなみにスーツを着て、スーツケースを持っています。


「なんだよ雨かよ、最悪…」


こう思いませんか?しかしこれも考え方一つでポジティブに変換できるのです。


雨かぁ、でも風が強くないから傘は飛ばされないな、良かった」
「雨かぁ、でも台風で新幹線が止まってたらもっと大変だったな、良かった」



このように、日常にはイラッとすること嫌なこと、たくさんあると思います。


しかしその一つひとつにいちいち感情を揺さぶられていては、とても楽しい人生が送れるとは思いません。


何かネガティブなことがあっても、これを常にポジティブに変換していく癖を付けることが大事です。


怒りって、特に人生において消耗する感情です。怒りの先には、何もいいものは残りませんよね?


だったら、何かしら良かった思い出で終わるほうがいいと思います。


メンタルはこういう小さなところから自分で作っていくものですよ。

人生をとことん楽しみましょう

人生を楽しむコツ、いかがだったでしょうか。


たまにはこういう話をしていくのも大事ですよね、どうせなら楽しい人生のほうがいいですし、でないと何のために毎日仕事をしているか分からなくなってしまうので…


人生を楽しむコツは誰にでも実践できます。それこそ明日からでも。


お金も稼げて、仕事の時間も1日数時間にして、プライベートは充実していて、小さなことにいちいちイライラしない…


素晴らしい人生だと思いませんか?これからまだ数十年は仕事をする人がほとんどだと思います。


だったら今からでも残りの人生を楽しむために、今回お話したコツは絶対に実践するべきですよね?


どうかあなたの今後の人生がより良いものになりますように。


では、また次回のお話で。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGETOP