セールスコピーライターがSNSで発信するメリット

投稿日: タグ:


こんにちは、後藤伸正です。


今回は「メルマガのリード文の重要性」についてお話をしていきます。


「メルマガのリード文は何を書けばよいのだろうか…」
「メルマガを最後まで読んでもらうリード文の書き方が分からない…」


今回はこのような方に向けて、メルマガのリード文について解説していきます。


この記事を読むと以下のことが分かるようになります。

  • メルマガにおけるリード文の重要性
  • メルマガから読者を離脱させないリード文の書き方

まず僕の自己紹介を簡単に書きますね。

・セールスライター5年目
・日本や海外のでコピーライターとして活躍中
・家業の八百屋で借金4,700万円を背負う
・倒産、自己破産を経験
・現在は年商7,000万円

・プロモーション一式を担うライターの育成活動

それでは早速みていきましょう。

SNSで発信するメリット

SNSを利用している人はたくさんいます。


Twitter・Instagram・You Tubeと様々な媒体がありますが、それらのSNSを自身のブランディングとして利用している人はたくさんいるでしょう。


そして今では企業も自社のアカウントを作成し、ブランディングや集客に力を入れています。スマホの普及によりSNSを見る人は多いですからね。


ここではあくまで「個人」がSNSで発信することのメリットについて解説していきます。

影響力が身につく

SNS発信をビジネスに活用する際、ただ不特定多数の人と繋がることだけを目的とするのは少しもったいないです。


特に個人がSNSで発信していくことは、これからの時代個人で稼いでいくうえではとても重要な自己ブランディングの手段となります。


そのため「単なる交流ツール」にとどめてしまうのではなく「ブランディングツール」という意識を持ちましょう。


TwitterやInstagramは複数のアカウントを作成できるので、プライベート用とは分けてビジネス用のアカウントを作成するのがおすすめです。


あなたの発信に共感してくれることであなたのファン(フォロワー)が増え、あなたの発信に基づいた購買行動をしてくれるような顧客になっていく、そのようなビジネスツールとしてSNSは活用しましょう。


もしもあなたにある程度の実績や誇示できる業績・経歴があるならばどんどん自身の付加価値として打ち出していくべきです。


人は誰かをフォローする際、その人の「残した実績」「その人の発信内容」「その人の人柄」のどれかを基にフォローするか否かを判断する傾向が強いです。


フォロワーが増えることであなたの発信にはより一層の信頼性が上乗せされます。


フォロワー数が多い=この人は信用できるという思考が強い現代のSNSユーザーは、そのような人の発信を優先して自分に取り入れようとします。


これが影響力です。


そのひとの人生自体を変える力もあるし、その人の未来を決めうる決断を促す力が発信にはあります。


ビジネスにおいて影響力はとてつもなく大きな武器となるのです。

文章力が身につく

特にブログやTwitterを利用して自身のノウハウや経験を発信している人は多いです。


セールスコピーライターやWebライターは元々文章を書くのが仕事ですが、それとはまた違った文章力が身につくと思っています。


それらの職種の人達は常に「読者」目線で文章を書きます。主役は読者だからです。


しかしSNSやブログで特にアフィリエイトをやる以外は、主役は発信者である「あなた」です。


つまりあなた目線でたくさんの人に自分の価値観や意見を届けることができるので、そこに賛同してくれた人はあなたそのものに魅力を感じ、あなたをフォローするのです。


そうなってくると大事になってくるのは「伝え方」ですよね?


ただやみくもに伝えたいことを書いても、それでは人の心には残りません。Twitterは1ツイートあたり140文字という制限があります。


ブログに関してもせいぜい1記事3000文字〜5000文字くらいでしょう。文字数が多すぎても長文はなかなか読まれません。


つまりある程度制限のある中で自分の考えを凝縮し、それをしっかりと伝わるように届けるためには文章力が必要となってきます。


最初は難しいかもしれませんが、やっていくうちに慣れますし、そもそも発信を続けていかないとこの力は身につきません。


伝えるための文章を書く力を修得しておくことで、これはビジネスでも活きてきます。


クライアントに営業や提案をする際も、必要な情報をまとめたうえであなたの魅力を伝えることができれば仕事に困ることもありません。


むしろどんどん仕事が舞い込んでくることだって十分にあり得ます。


人に上手に分かりやすく伝えられる人」はとても貴重な人材です。

マーケティング力が身につく

情報を発信して誰かの役に立つ、もしくは誰かが必要としている情報を届けるという行為はいわば「マーケティング」です。


誰が、何を」必要としているのか、それを読み取ってアプローチをしていくのがSNSで発信する醍醐味でもあります。


単に商品を売る・サービスを提供することだけがマーケティングではありません。


SNSには「悩み」を抱えた人がたくさん存在します。


そういった人たちに向けて「かゆいところに手が届く発信」をしていくことで、あなたのファンは間違いなく増えるでしょう。


「この人は私の悩みを分かってくれている」
「自分が欲しかったのはこういう情報だった」


悩みを抱えた人=ターゲットなので、当然市場調査という意味合いのリサーチは必要です。


大事なのは、あなた自身の「軸をブレさせない」ということ。


自身というコンテンツがどのような人に向けて、どのような情報を提供しているのかを徹底的に作り上げることが重要です。


ここで自身のブランディング(ポジション)が確立できれば、その市場でのシェアを勝ち取ることが可能となります。


つまり、SNSとは「戦略」なんです。SNSに真剣に取り組むことで、マーケティングのスキルはぐっと上がるでしょう。

仕事を獲得することだって普通にある

もしもあなたが今セールスコピーライターやWebライターとして十分に稼げていないのであれば、SNSで発信することで仕事を獲得することだって可能です。


企業がSNSのアカウントを持っているということは、当然経営者だってSNSのアカウントをもっていてもなんらおかしくありません。


あなたの活動実績や発信内容をみた経営者から、ダイレクトメッセージであなた宛に直接オファーが届くことだって普通にあるんです。


そういったビジネスチャンスを逃さないためにも、あなた自身の発信内容は統一させ、ビジネス用アカウントとして運用しているのであればなるべくビジネスとは関係のない日常的な発信は避けるといった工夫は必要です。


そういった発言はプライベート用アカウントでやれば問題なしですね。


ブログに関しては、意外と忘れがちですが「お問合せフォーム」を必ず設置しましょう。


そしてプロフィール記事に自身のポートフォリオとして過去の制作物や実績を公開しておき、そこから「お仕事の依頼はこちらから」といったようにお問合せフォームに流すという動線を敷いておくことが大事です。

稼ぎたいならSNSは必須と言ってもいい

SNSにて発信するデメリットはほぼ無いといっても良いと思います。


だったら、少しでも自分の活躍の場を広げるためにもやらない理由はありませんよね?


今現在あるSNSはほぼ全てが無料で利用できますし、アカウントの作成もとても簡単です。


アピールの場としてSNSで発信をしていき、そこからコアなファンを獲得できればあなたの年収は確実に増えるでしょう。


たかがSNSですが、されどSNSです。


無料で作成したTwitterのアカウントが莫大なお金を生む顧客リストに化けることだって十分にあります。


どんどん活用していきましょう。


それではまた、次回のお話で。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGETOP