売れるセールスコピーライターになるために必須な5つのスキル

投稿日: タグ:



こんにちは、後藤伸正です。


今回は「メルマガの作り方の基本を解説」ということで、メルマガを始めるにあたり必要な知識について解説していきます。


今の御時世、ビジネスを展開している人であればメルマガを配信している人は多いのではないでしょうか。


もしくは、これから自分のビジネスでメルマガを開始しようと考えている人もいるかもしれません。


メルマガはビジネスにおいて、絶大な効果を発揮してくれるツールです。


この記事を読むと以下のことが分かるようになります。

  • これからメルマガを始める際の、メルマガの作り方
  • メルマガを配信することの効果

まず僕の自己紹介を簡単に書きますね。

・セールスライター5年目
・日本や海外のでコピーライターとして活躍中
・家業の八百屋で借金4,700万円を背負う
・倒産、自己破産を経験
・現在は年商7,000万円

・プロモーション一式を担うライターの育成活動

それでは早速みていきましょう。

売れるコピーライターになるために必須な5つのスキル

まず大前提として、セールスコピーライターとして売れるためには文章が書けるだけではスキルとして足りません。


自分が書いた文章でものを売るためには、いくつかのスキルが必須となります。


最低限必要なスキルは以下の5つです。

  1. リサーチ能力
  2. マーケティングの知識
  3. 聞き出す能力
  4. 客観的な判断能力
  5. デザイン力

リサーチ能力

セールスライティングが上手でも、商品を売るターゲットであったり訴求するポイントが的外れでは商品は売れません。


「誰に何を伝えるのか」ある程度知識や実績がある人に初心者向けの教材を売り込んだところで、その商品は一切売れることはありません。


商品のターゲット・特徴をリサーチし、どんな人がその商品を欲しがるのかを明確にすることが大事です。


入念なリサーチでターゲットの状態を見極め、どのようなコピーに反応を示すか予測を立てなければなりません。


その際の注意としては「自分にとって都合のいいデータばかりに注目しないこと」です。


リサーチの段階で都合の悪いデータもしっかりと集め、あくまで客観的な視点でデータを分析することが重要です。

マーケティングの知識

マーケティングの知識とは、簡単にいうと「物を売るために必要な知識全般」のことを指します。


商品の企画、価格の設定、効果設定、プロモーションの戦略立案といったいくつかの行程を経て商品というのは顧客の手に渡ります。


良いコピーライターはマーケティングの知識に富んでいます。むしろ、マーケティングの知識が無いと売れるセールスコピーライターにはなれません。


クライアントから依頼を受けた際、商品だけでなくその商品の市場をリサーチしマーケティング戦略についてもヒアリングしていきます。


そして依頼された商品がどのようなマーケティング戦略で販売されるかを理解し、たうえで最大限の効果が出せるコピーを書くのです。


そしてどれくらいの反応が出たのかを計測し、さらに新しい戦略を提案していけるライターこそ売れるセールスコピーライターと呼べるでしょう。

聞き出す能力

売れるコピーを書くうえでリサーチの重要性は先程お話しましたが、それと同じくらい重要なんがこの「聞き出す能力」です。


聞き出す能力はリサーチをするうえでもとても重要です。


コピーを書く前にクライアントに対しヒアリングをしますが、その商品の魅力やセールスポイント、こだわりといった点を上手く聞いておくことでコピーを書く際それらの情報が「材料」となります。


それらの材料を上手く使い、顧客の心に刺さるコピーを書くのです。


質問内容も具体的にコピーの材料となるような内容とし、あまり時間をかけずに必要な情報を聞き出しましょう。

客観的な判断力

クライアントは自社の商品に対して自信を持っていますが、セールスコピーライターも同じく自身のコピーに絶対の自信を持つべきです。


当然といえば当然ですが、渾身のコピーを書き上げてこそ一流のライターです。


しかし自信だけでは商品は売れません。顧客の立場になって商品のメリット・デメリットを見極め、そのうえで魅力的なコピーを書くことが重要です。


主観がメインになってしまうと、購入した際のデメリットといった要素に気付けない場合があります。


また、クライアントの考えを鵜呑みにするのもよくありません。


客観的に商品を分析することで、クライアントですら気付いていない商品の魅力に気付けることもあります。


新たな切り口を見つけることで、売れない商品を売れるようにすることにも繋がるため、客観的な判断の重要といえます。

デザイン力

ここでのデザイン力とは、レスポンス広告におけるレイアウト作成のことを指します。


キャッチコピー・フォント・ボディコピーのデザイン・お申し込みフォームといった広告全体のレイアウトを考えデザインする能力です。


要素は様々ですが、反応の良いレイアウトを熟知したうえでそれに沿ってコピーを書いていくことが求められます。


できればこれらの作業は1人で完結できた方が、より完成度の高いものが出来上がります。


デザイナーに任せる場合は、完成後の広告のイメージを明確に伝える必要があるため、こういった広告レイアウトの知識はコピーライターも必須といえるでしょう。

器用貧乏になってはいけない

売れるセールスコピーライターに必須の5つのスキルを紹介しましたが、必須とはいいつつもそれらを修得することに時間を大幅に割くだけでは「器用貧乏」になってしまいます。


セールスコピーライターのスキルはとにかく「実践で書く」ことで養われていくので、インプットだけでは稼げるようにはなれません。


今回紹介したスキルを身につけつつ、どんどん実践の場でコピーを書いていくことが重要となります。


セールスコピーライターの仕事は、今後AIの技術が発達しても残る仕事だと思っています。


人の感情を分析し行動パターンを予測することはできても、リアルな体験だったり潜在的に抱えている人の悩みといったものはコンピューターでは恐らく予測できないものだからです。


これからの時代、より広告もデジタル化が進んでいくと思われるので、そういった社会でも生き残っていけるようにこれらのスキルを今のうちからしっかりと身につけていきましょう。


それでは、また次回のお話で。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGETOP