ホームページ集客で失敗する理由とたった3つの改善点

投稿日: タグ:



こんにちは、後藤伸正です。


今回は「メルマガの作り方の基本を解説」ということで、メルマガを始めるにあたり必要な知識について解説していきます。


今の御時世、ビジネスを展開している人であればメルマガを配信している人は多いのではないでしょうか。


もしくは、これから自分のビジネスでメルマガを開始しようと考えている人もいるかもしれません。


メルマガはビジネスにおいて、絶大な効果を発揮してくれるツールです。


この記事を読むと以下のことが分かるようになります。

  • これからメルマガを始める際の、メルマガの作り方
  • メルマガを配信することの効果

まず僕の自己紹介を簡単に書きますね。

・セールスライター5年目
・日本や海外のでコピーライターとして活躍中
・家業の八百屋で借金4,700万円を背負う
・倒産、自己破産を経験
・現在は年商7,000万円

・プロモーション一式を担うライターの育成活動

それでは早速みていきましょう。

ホームページ集客に失敗する理由

自身のサービスへの申込みを増やすために、ホームページを立ち上げて集客をしようとする人はたくさんいます。しかし実際にはほとんどの人が望むような結果を出せていないのです。


ではまず、ホームページ集客で失敗している理由から解説していきます。多くの人が犯している失敗原因なので、ここで紹介する項目と自身のホームページを照らし合わせてみて下さい。


結論から言うと、主な失敗原因は以下の通りです。

  • デザインが見にくい
  • コンテンツの質が低い
  • コンテンツの内容に統一感がない
  • ターゲットがぼんやりしている

では一つずつみていきましょう。

デザインが見にくい

あなたが何か商品やサービスに申し込もうと思ってその販売元のサイトを訪れた際、申し込みフォームがどこにあるか分からなかったら、どう思いますか?


せっかく申し込む気満々でホームページを見に行ったのに、その時にどこから申し込めばよいのか分からなければ、もういいやとなってしまいますよね?


あなたのホームページは、同じようなことになっていないでしょうか。サイト全体の色合い・フォント・文字の大きさ・申し込みやお問い合わせフォームの位置


訪れてくれたお客さんが、ストレス無くあなたのサービスに申し込める環境が整っていることが重要です。ホームページと言えど、いわば「お店」と同じなので、商品がどこにあるか、店内は見やすいように整備されているかが集客と大きく関わってきます。


自分だったら、こういったサポートがあるとまた利用したくなるなという観点を持ち、あくまでお客様目線を最重要視しつつホームページを作っていきましょう。

コンテンツの質が低い

あなたのホームページのコンテンツは見やすいものになっていますか?ただその日に思ったことを店長ブログのように書けばいいというものではありません。そのコンテンツは、お客さんをより「濃いファン」にしてくれる可能性があることを覚えておいて下さい。


淡々と商品・サービスの紹介だけをしていてもダメです。そこにはあなただけのオリジナリティが必要となります。よくある質の低いコンテンツにみられる特徴は以下の通りです。

自分語りばかり

確かにあなた自身のことをお客さんに知ってもらうことは大事です。しかし、訪れたお客さんの大半は、最初はあなたには興味がありません。あくまであなたの販売している商品・サービスに興味があるのです。


そこであなたが自分の経歴や過去の実績ばかりを紹介していても、それではお客さんの心を掴むことはできないのです。


ホームページで集客をするなら、まず語るべきはそこではありません。

調べれば分かる内容ばかり

誰が調べても分かるような内容ばかりでもダメです。あなたの元から購入するメリット、あなたにしか出せない魅力、それらをコンテンツとして掲載し差別化を図りましょう。


今やネットで調べれば大抵のことは分かる時代です。その中でもあなたのコンテンツが他のものとは違うということをお客さんに届けることで、一歩リードできるようになります。

文章ばかりで読みづらい

特に最近は長文が読まれにくくなってきています。スマホで調べ物をする人が増えてきたこともあり、何度もスクロールするのがめんどくさいと感じる人が多いのと、早く答えが知りたい、という気持ちがあるためです。


そのような人達がホームページに訪れて記事を読んだ時に、画面いっぱいに文章が表示されたら間違いなく「戻る」を選択するでしょう。


写真・イラスト・グラフ・装飾といった、読者が見やすい工夫をすることが重要です。ここでもう1点、大事なことをお伝えします。


それは「読者は文章を流し読みする」ということです。最初から最後まで、一言一句読む人はほぼいないと言っても良いでしょう。そういった人の目に留まるよう、重要な項目は目立たせて書くことが大事です。

コンテンツの内容に統一感がない

ホームページに来てくれたお客さんのためについあれもこれもと色々なコンテンツを掲載してしまいがちですが、これはむしろ逆効果です。


あなたの扱っている商品・サービスは何なのか、あくまでそれらと関連する内容のコンテンツに統一しないと来てくれたお客さんが混乱してしまいます。


商品の補足であったり、それにまつわる予備知識をコンテンツとして掲載するこで、お客さんの不安を解消しつつある程度納得してもらったうえで購入してもらうことが可能です。


逆にそれをしないことでクレームや返品となってしまうこともあるので、あらかじめお客さんが疑問を抱きそうな内容をコンテンツとして掲載しましょう。

ホームページ集客するうえで重要なった3つのこと

よくあるホームページでの集客の失敗例を紹介しましたが、ではどのようにホームページを改善していけばよいのか、その点について解説していきます。


重要視するべきポイントは以下の3つとなります。

  • ペルソナを明確にする
  • 発信軸を明確にする
  • 読者が得られるメリットを明確にする

順番に解説していきます。

ペルソナを明確にする

ビジネスにおいてペルソナ設定はとても重要です。あなたの商品・サービスをどのような人に売りたいのか。ここが明確でないと、ビジネスは成功しないといっても過言ではないでしょう。


ビジネスを始める際、扱う商品が決まったらそれを売り込んでいかなくてはなりません。その際、届ける相手を間違えてしまうと一向にあなたの商品は売れないのです。


ホームページで集客をしようとする場合も同様に、あなたの商品を「どのような人に」届けたいのか、どのような人にこのホームページを見てもらいたいのかを明確にする必要があります。


ペルソナ設定についてはまた別の記事を書きますが、ここではその注意点として簡単な例を紹介します。

・30代 男性 会社員 営業職

ではなく

・35歳男性 自社開発の経理ツールの営業職 勤続7年目
・家族構成は 妻(33歳)・娘(10歳)・息子(7歳) 自家用車持ち
・マイホーム購入のために現在は家賃8万円の賃貸にて生活中
・趣味は釣り 最近は仕事が忙しくなかなか行けない
・仕事は順調だがさらに自分の経験を活したいため、転職を検討中

例えばあなたがビジネスで役に立つセールストークに関する教材を販売する際、前者のようなペルソナ設定ではターゲットには刺さりません。


よりターゲットに刺さるようなペルソナ設定をするのであれば、後者をさらに細かくしたペルソナ設定でもいいくらいです。


要は、お客さんに「これって自分のことだ!」と思ってもらえるよう、たった1人のためにその商品を届ける思いでペルソナは設定します。結果的にその方が多くの人に刺さることになるので、集客効果としては良い結果が出ることになるでしょう。

発信軸を明確にする

これはいわゆるあなたのビジネスに対する「思い」の部分です。あなたの商品・サービスに対する思いがどれほどのものなのか、その熱意をお客さんに伝えましょう。


あなたの熱意がお客さんの心を動かすのです。商品にかける意気込み、サービスを提供しようと思った経緯を明確にし、ブレることのない理念を持って発信することが重要となります。


あなたが自信を持って商品・サービスをお客さんに提供することができないと、お客さんは安心して購入することができません。発信軸はブレさせず、しっかりとした理念を掲げていきましょう。

読者が得られるメリットを明確にする

あなたのホームページに来たお客さんは、そこで何を得られますか?あなたのホームページに来るメリットはなんですか?その点を明確にしましょう。


ただホームページに集客してもそこにきたお客さんが何も得られないのであれば、穴の空いたバケツに水を注ぎ込むのと同じでお客さんはどんどん流れていなくなってしまいます。


このホームページを見ることでこんなことが得られる、この商品を購入することでこんなメリットがある、その部分を明確にすることが大事です。


私は(私のホームページでは)あなたにこういった価値を提供できます。


来てくれたお客さんをがっかりさせないようにしましょう。

ホームページ集客を成功させよう

ホームページ集客で失敗する理由は単純です。

  • デザインが見にくい
  • コンテンツの質が低い
  • コンテンツの内容に統一感がない
  • ターゲットがぼんやりしている

単純ですが、同じような失敗をしてしまっているホームページはたくさんあります。それらを改善する際、最低限守るポイントはたったの3つです。

  • ペルソナを明確にする
  • 発信軸を明確にする
  • 読者が得られるメリットを明確にする

たったこれだけであなたのホームページ集客は今までよりも良いものとなります。これは何もホームページによる集客だけではなく、セールスコピーなどにも同じことが言えます。


お客さん目線で考えること。お客さんに売るのは商品ではなく、未来です。その商品を購入することによりそのような未来を見せることができるか。その未来にお客さんは投資するんです。


これを覚えておいてくださいね。


それでは、また次回のお話で。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGETOP