迷ったらキツそうな方を選択するという判断基準

投稿日: タグ:


こんにちは、後藤伸正です。

 

大阪のサンマルクにいます。

 

今日は2年以上のお付き合いになる

クライアントさんの会社に、

0期の池田さんと寺井くんと一緒に訪問です。

 

2017年から一緒に

仕事をさせて頂いていたのですが、

 

いろいろと事情もあって

今まで受けていた案件を丸ごと、

 

つまり、クライアントさんの案件全てを

池田さんに引き継ぐことになりました。

 

これから(もうすでに?)池田さんは

そのクライアントさんからの仕事で

バタバタになってしまっていますが、

 

まぁこれも・・・運命ということで(笑)

 

実は今回の話を

初めて池田さんに相談した時、

 

最初はかなり

不安そうにしていたんですよね。

 

なぜなら、その時すでに

既存のクライアントさんの案件で

手一杯だったからです。

 

ただ、僕としては

こういう時の選択って

凄く大事だと思っていて。

 

心の中で

 

「うわ、できるかな…」

 

と思った時こそ

「やるべき」なんですよね。

 

理由はシンプル。

 

その先には必ず

次のステージが待っているからです。

 

“迷った時はキツそうな方を選ぶ”

 

これですね。

 

もちろん、人として苦手だったり、

生理的に受け付けない相手だったり(笑)

 

そういう場合は別ですが、

 

僕の経験上、、、

 

「あ~やりたいけど、できるかな…」

 

「できなかったらどうしよう…」

 

「今の仕事に差し支えるしな…」

 

みたいな、

“断る言い訳”が顕在化した時は

必ずチャレンジしてきました。

 

そしてその延長線上に今があるので、

 

“迷ったら行け”

 

この選択基準を持っておくことは

成長を加速させると思っています。

 

あ、今ちょうど二人が来たので、

そろそろ出発するとします。

 

それでは、またメールしますね。

 

 ー後藤伸正

 

PS:

 

あ、そうそう!

 

先日のアンケートで頂いた質問に

順次、回答していこうと思います。

 

届いている質問内容はこんな感じ↓

 

・プロモーションを進めていく時に、まずは何を決めてからスタートしますか?

 

・営業時に気をつけるべきこと

 

・後藤さんの未来ビジョン

 

・ゼロの状態からどうやって今のトップランカーのライターの地位を築いたのですか?

 

・コピーライターのスキルを磨くために毎日行っておいた方がいいこと。

 

・文章を毎日書きたいなと思っていても、難しく考えてしまって続きません。後藤さんが行なっていた文章のトレーニングなどはありますか?

 

・毎日の生活習慣や日々考えて意識している事。人生を楽しむために心がけている事があれば教えてほしいです。

 

・今の仕事の良いところ、良くないところ。嬉しかったこと、辛かったこと。どのように、逆境を乗り越えてきたか?

 

・後藤さんの未来像は?直近、1~2年、中期5~6年、長期10年の未来像を教えて頂ければ幸いです。

 

・ライターとしてビジネスネームという考え方はどのように思われますか?

 

順次、動画で回答していきますので

こちらも楽しみにお待ちください。

 

 

 

 

 

 

 

 

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGETOP